*

生産の流れ:ミヤモトエンジニアリングの生産工程にご紹介します。

  • *

    Flow 01,加工図製図(検図)

    お客様からいただいた図面を基に、加工方法を作成します。

    *
  • *

    Flow 02,材料調達

    仕様書に適した製品を製作する為の素材を調達します。

    主な素材SCM415、SCM435マルH、S45C、アルミ など

    *
  • *

    Flow 03,歯車ブランク加工(施盤加工)

    高精度の歯車を加工するための基準作りになります。

    *
  • *

    Flow 04,ブローチ、スロッター加工

    図面仕様に応じた、形状(スプライン、セレーション、キー溝)加工を、
    専用加工機にて行います。 

    *
  • *

    Flow 05,歯切り加工

    歯を切り出す工程になります。主に高精度ホブ盤やギヤシェーパを用いての歯切り加工になります。弊社では切削加工において加工時精度旧JIS1級対応可能です。

    *
  • *

    Flow 06,チャンファリング、バリ取り

    歯切り加工時に出たバリ、かえりを除去を行います。

    *
  • *

    Flow 07,焼入れ(熱処理、表面処理)

    材料に応じた熱処理、表面処理を行います。
    この処理により、より強靭な歯車へと変化します。
    ※浸炭焼入れ、高周波焼入れ、イオン窒化など

    *
  • *

    Flow 08,研磨(内径、外径、平面)

    熱処理よる歪を除去し、要求される寸法及び表面粗度に仕上げます。
    内径、外径、平面、各研磨機、及び旋盤による
    ハードターニングでの加工となります。

    *
  • *

    Flow 09,歯研 またはスカイビング

    削りだした歯を研磨する工程になります。
    砥石による歯研、超硬ホブによるスカイビング加工になります。
    更なる高精度歯車の製作に仕上げ加工として行います。

    *
  • *

    Flow 10,検査

    お客様の要求通りの製品が作られているか最新の試験機や、
    熟練検査員により品質検査を行います。