「最高の品質とサービスを最高のタイミングで提供する」

これはミヤモトエンジニアリングが大切にしている最大の目標であり、日々の課題でもあります。 1969年に創業し今にいたるまで、機械産業を取り巻く環境はめまぐるしく変化してきました。お客様のニーズや需要も多様化する中で、お客様の満足とは何かを常に考え、技術のさらなる向上・蓄積に努力してまいりました。 もちろん、そのためには社員一人ひとりのモチベーションや労働環境の整備も必要です。働きやすい環境を創出すべく、社内のハード面を整備し、生産スピードと品質向上のために、最新の機械を導入。また、社員のモチベーションを上げるため、結果で評価する「成果制度」を採用しました。ミヤモトエンジニアリングは、能力や実力があれば最速の昇進も夢ではありません。そんな改革を続けるうち、この3年で、労働時間の大幅な短縮を実現し、生産性のスピード、品質の向上を実現してきました。 業界の経験者はもちろん、未経験者も女性社員も全員が笑顔で前向きに働ける会社にしたい――。 お客様のニーズとご要望にお応えするクオリティとスピードをあげるために、できることはすべてやり遂げるつもりで、今後も努力を続けていく次第です。

また、2012年には海外事業部を設立。年々高まる海外の市場ニーズにも柔軟に対応できるように、そして国内で高い評価をいただいている製品を世界に届けたいと思い、立ち上げた事業です。現在、海外へ販売するギヤーの納期管理から販売にいたるまでのトータルコーディネイトを行っていますが、海外のお客様からも厚い信頼をいただき、少しずつ事業も拡大しています。今後も、ミヤモトエンジニアリングは、製品の品質・コストをとことん追求するとともに、新規事業の拡大にも果敢に挑戦していくつもりです。 より多くのお客様に喜んでもらうために、世界に向けて会社を成長させるために、社員全員と一丸となって邁進していきます。

  • staff01

    営業課/事務|栗山園美

    2015年にミヤモトエンジニアリングに入社し、現在、営業事務として受注入力や伝票チェック、チェックシートの発行などを行っています。 入社のきっかけは、社員の方の人柄のよさ。転職先を探している時、社員募集の要項を見て電話をしてみたところ、非常に対応がよく、面接時にもその印象が変わることがありませんでした。 実際、入社してからも先輩方が親切に仕事を教えてくれたり、ミスを迅速にフォローしてくれたりと大変心強く、業務を行う上での不安はすぐになくなりました。 少子高齢化が進む中、介護業界をはじめ、さまざまな分野で人の代わりをするロボットの需要が高まっています。 今、特に社会から必要とされているロボットの歯車を製造し、造り続けている会社の一員として、早く一人前になれるよう、 そして先輩方のように仕事のスピードと効率をあげられるよう、精一杯努力を続けたいと思います。

  • staff02

    製造部/歯車加工課 │ 吉川一弘

    前職では工場の事務職に従事していましたが、「もっと物を作る仕事に携わりたい」と思い、転職を決意。 現場の経験はほとんどなく、扱う製品も全く違うものでしたが、その想いとやる気を買っていただき、入社しました。 現在は、生産する製品に合わせて機械のプログラムを変更したり、治具の選定を行ったりする「段取り替え」や、製品の乗せ換え作業を主に行っています。 最初は未経験ということで、機械の操作方法を覚え、工程を把握するのに精いっぱいでしたが、現在は機械6台を担当させてもらえるようになりました。 作業に慣れてきてからは、生産効率を意識するようになり、作業の優先順位つけながら業務を進めることができるようになりました。 仕事は大変ですが、努力すればするほど評価されるので、やりがいがあります。 切磋琢磨できる仲間から刺激をもらいながら、自分自身もっと歯車のことを勉強していきたいと思います。

  • staff03

    レース・キカイグループ │ [主任] 廣瀬達行

    2001年に入社し、レース・キカイグループに配属。 以後、歯車グループで歯車の研磨やホブ切り加工を学んだあと、再びレースグループに異動。 現在は、円筒研磨機の段取り・乗せ換え作業や、NC施盤の段取り・乗せ換え作業、そしてレース・キカイグループ全体の工程の確認などを行っています。 製品にはすべて納期があるので、どの工程においても段取りがとても重要になってきます。 特に短納期の仕事は大変ですが、それをやり遂げた時の達成感や充実感は特別で、次の仕事へのモチベーションにもなります。 また、作業は個人で行うことが多いですが、会社全体が目標に向かって一丸となって取り組む姿勢が浸透しているので、社内に活気があります。 ミヤモトエンジニアリングは、仕事に取り組む意欲を持ち、努力を続ければきちんと認めてくれる会社です。 私自身も、今後は、機械オペレーターとしての技術を磨き、工程全体の調整・フォローを積極的に行えるよう努めていきたいと思います。

  • staff04

    組立グループ │ 植田典嗣

    大手産業用ロボットメーカーの塗装ロボット、溶接ロボットのアッセンブリーを社内・社外から調達した部品を使って組み立てる部署に所属しています。 前職は営業という全く別の仕事をしていましたが、物作りが好きだったので、学校に通い、基礎知識や図面の作成など一から勉強しました。 今は、約20種類の機種に50~80種の部品を使い、ロボットのアッセンブリーを組み立てています。 一枚の図面から設計者の意図を汲みとり、約100通りある工程を手作業で行うため、ミスをしないよう正確に組み立てる技術が必要になります。 さらに、作業工数の短縮を図るため、現場スタッフ同士で情報交換・意見交換を実施。 意識的に作業を見直すのと同時に、先輩は後輩に技術を伝え、後輩は少しでも先輩に近づけるよう努力をしています。 自分が組み立てたアッセンブリーが、世界中で稼働していると思うと、大きなやりがいと誇りを感じます。

  • staff05

    検査課 │ 星川祐将

    加工物の寸法測定や完成品の出荷前の検査を行う部署で、製品の品質チェック・管理しています。 検査では、1つの製品でも、外径、内径、全長、溝、歯車部など、複数のチェック項目があり、三次元測定機やマイクロゲージなど多数の測定機器を使用しています。 測定している単位が0.001mmという細かい寸法を計測しているため、計測そのものが大変な作業になりますが、このチェックの精度が不良品やミスを防ぐ重要な仕事になります。 また、当社の製品を保障する大事な役割を担っているので、責任はありますが、その分やりがいも十分あります。 今後、ますます生産・製造現場の機械化、ロボット化が進むにつれ、私たちが製造するギアのニーズも高まってきています。 国内外の市場に向けて会社自体が大きく成長を続けているので、私自身も品質維持に欠かせない検査のスキル・スピードを磨き、成長していけるよう努力していきたいと思います。

  • staff06

    生産管理課 │ [主任] 横山真一

    生産管理部の主な業務は、担当ユーザーと社内の作業工程の管理です。 現在、私はメインユーザーのお客様を担当し、社内では歯切り・溶接工程の管理を担当しています。 常に作業効率を意識しながら工程を管理するため、毎日現場と会議を行い、曜日ごとにユーザーの進捗確認を実施。 また、どんなにシステマチックに作業を行っていても、日々多種多様なトラブルが発生します。 生産ラインの安定を維持しながら柔軟かつ迅速に対応していくために、常に一歩先を見据えて動くこと、広い視野で全体を見ることを心がけ、業務に従事しています。 大きな問題が発生しても、現場の連携や、早期問題解決に取り組める環境が整っているのも当社の強みであり、お客様から信頼される製品を創出できる原動力の一つだと思います。 現在、ロボット業界は大きな需要がありますが、ニーズも多様化しています。 その中でのロット管理は複雑で難しい仕事ですが、常に学ぶことが多く、やりがいがある仕事だと感じています。

戻る