「最高の品質とサービスを最高のタイミングで提供する」

これはミヤモトエンジニアリングが大切にしている最大の目標であり、日々の課題でもあります。 1969年に創業し今にいたるまで、機械産業を取り巻く環境はめまぐるしく変化してきました。お客様のニーズや需要も多様化する中で、お客様の満足とは何かを常に考え、技術のさらなる向上・蓄積に努力してまいりました。 もちろん、そのためには社員一人ひとりのモチベーションや労働環境の整備も必要です。働きやすい環境を創出すべく、社内のハード面を整備し、生産スピードと品質向上のために、最新の機械を導入。また、社員のモチベーションを上げるため、結果で評価する「成果制度」を採用しました。ミヤモトエンジニアリングは、能力や実力があれば最速の昇進も夢ではありません。そんな改革を続けるうち、この3年で、労働時間の大幅な短縮を実現し、生産性のスピード、品質の向上を実現してきました。 業界の経験者はもちろん、未経験者も女性社員も全員が笑顔で前向きに働ける会社にしたい――。 お客様のニーズとご要望にお応えするクオリティとスピードをあげるために、できることはすべてやり遂げるつもりで、今後も努力を続けていく次第です。

また、2012年には海外事業部を設立。年々高まる海外の市場ニーズにも柔軟に対応できるように、そして国内で高い評価をいただいている製品を世界に届けたいと思い、立ち上げた事業です。現在、海外へ販売するギヤーの納期管理から販売にいたるまでのトータルコーディネイトを行っていますが、海外のお客様からも厚い信頼をいただき、少しずつ事業も拡大しています。今後も、ミヤモトエンジニアリングは、製品の品質・コストをとことん追求するとともに、新規事業の拡大にも果敢に挑戦していくつもりです。 より多くのお客様に喜んでもらうために、世界に向けて会社を成長させるために、社員全員と一丸となって邁進していきます。

  • 生産管理部 │ 下坂元佑佳子

    2017年に事務スタッフとして入社し、生産管理部に配属。現在は、TS3、TS4、TS5の工程を見て、担当部署に確認をとったり、ブランクを運んで渡したりしています。製品のなかには男性社員に手を借りないと運べないほど重いものもあり、大変なこともありますが、それ以上に現場で歯車やものづくりについて学ぶことが多く、やりがいを感じています。
    生産管理の仕事では、他部署とのコミュニケーション不足や、ちょっとした確認不足が大きなミスにつながってしまうことがあります。先輩方のスムーズな連携や段取り、工程管理について日々勉強しながら、丁寧なコミュニケーションを意識して行動するよう心がけています。
    ミヤモトエンジニアリングの強みは、高い品質を維持しながら、ひとつでも早く多くの商品を納品できるよう社員全員が努めていること。仕事に対するプロ意識とお客様満足を追求する姿勢が社内に浸透していると思います。

  • 製造部/歯車加工課(歯研) │ 岩井春樹

    ものづくりが好きで、前職でも約8年ほど工場に勤めていましたが、自分自身の成長のために転職を決意。2018年に入社し、歯車の歯を研磨する「歯研」に配属されました。主に載せ替え作業を担当し、技術の習得・向上に努めながら、作業を進めています。
    ミヤモトエンジニアリングの歯車は一つひとつしっかりと作りこまれており、これぞ日本のものづくりだと思います。歯研は、その品質を支える要であり、精度をよりよくするための部署です。寸法測定の単位は1/1000mmとかなり精密ですが、寸法通りに加工できていると、とても達成感があります。その精度の高さを追求しながら、お客様の納期に応えるためには、「数台の設備をいかに停止させずに作業を進めるか」が常に課題になります。大変な作業ではありますが、社訓にある「最高の品質こそ最高のサービス」「時間いっぱい、力いっぱい」をモットーに、全員が協力し合い目標達成に向かっています。休憩時間は、上下関係なく社員同士が仲良く会話できる雰囲気もあります。働きやすい環境が整っており、毎日が充実しています。

  • 製造部/歯車加工課 │ 後藤勝成

    友人の紹介で縁があり、中途入社しました。製造の最初の工程を担当し、主に大きな歯車を加工。今はTC4の段取り・載せ替えを担当しています。「時間いっぱい、力いっぱい」という社訓通り、現場では社員全員が黙々と作業に集中しています。異業種からの転職だったので最初は右も左もわかりませんでしたが、分からないことがあればすぐに先輩方に聞き、ひたすらメモをとりながら作業を覚えていきました。仕事を進めるうえで常に気を付けていることは、確認作業を怠らないこと。ミヤモトエンジニアリングは、他社には真似できないような品質の高い製品を作っています。「ボルトがしまっているかどうか」などほんの小さな確認不足が、事故や品質ダウンにつながりかねないので、常にしっかりと確認作業を行うよう努めています。もちろん、仕事ができればしっかりと評価してもらえますし、給料アップにもつながります。目に見える形で評価してくれるので、やりがいも十分あります。

  • 検査グループ │ 廣瀨研太

    2013年に歯車加工課に配属され、小型の歯車の加工や歯研を担当した後、検査グループに異動。現在は外注から入ってきた製品の受入検査と加工が終わった製品の出荷検査を担当し、各所の寸法や歯車の精度の検査、キズの修正などを行っています。
    工程の最初と最後を担当しているので、製品が完成するまでの一連の流れがよく分かり、歯車の知識も得られるので、とても面白いです。大変なのは、検査を行う際、製品ごとの注意点や、測定する器具の扱い方など、覚えることがたくさんあること。不良品を出さないだけでなく、過剰品質にもならないように注意しないといけないので、慎重に作業するべきところかどうかを見極めながら進めています。会社全体は風通しがよく、人と人との距離が近いのも魅力です。歯車加工の実績が豊富で、高品質の製品を安定して作れること、急な不具合にも迅速に対応できるのは、弊社最大の強みではないでしょうか。

  • 品質管理部 │ 松井順子

    2007年に入社後、営業課に配属。2回の産休を経て生産管理部、品質管理部に異動しました。検査では、歯車の外観検査や簡単な寸法測定を行い、不具合が発生した時は、履歴調査を実施。製品やパーツの代品手配などの事務作業も行っています。お客様から信頼されている製品の品質を管理する大事な工程なので、細部までしっかりと検査・確認しなければなりません。特に不具合の履歴があるような製品は、再度不具合がないか一層慎重に検査するよう努めています。
    正社員として産休復帰したものの、まだ子どもが小さいので、休日出勤に対応できないだけでなく、保育園の行事や子どもの急な体調不良で早退・遅刻することがあります。最初は上手くやっていけるのか不安もありましたが、会社や上長が理解し、出勤時間を調整してくれたり、仕事を考慮してくれたりするので、大変働きやすいです。実際、女性社員も増えてきていますし、産休・育休から復帰する社員も増えてきています。

  • レースグループ │ 松田元気

    NC施盤のオペレーターとして、段取りと載せ替え作業を行っています。主に焼き入れ後の製品加工をしており、小さなサイズから大きなものまで幅広い製品を量産・加工しています。最初は、加工箇所が多く、製品ごとに測定器具も異なるので、慣れるまで大変でした。今は、新製品を加工するときは、一人でプログラムを作成し、治工具まで選定。図面通りに製品が完成した時は、とてもうれしく思います。短納期の製品も多いのですが、スムーズに納品できたときも達成感があります。効率よく作業を進め、限られた時間の中で多くの製品を作れるようにするためにも、他部署との意思疎通を密に図り、一つひとつの確認作業を大切にしています。
    また、社員一人ひとりが仕事に対する意識が高く、未経験の人にも分かりやすく教育してくれます。個々の実力や結果をしっかりと評価してくれるので、やる気のある社員は働きやすいと思います。

  • 製造部 │ 達山秀和

    2017年に入社し、製造部で施盤加工の段取り・載せ替えを担当しています。異業種からの転職でしたが、周りの先輩や上司が丁寧に仕事を教えてくれたので、スムーズに業務に取り組むことができました。特に現場で心がけていることは、他部署の方や上長にも、できる限り積極的にコミュニケーションをとること。日頃から信頼関係を築き上げることで、作業を円滑に進められるのはもちろん、自分自身のモチベーションアップにもつながりました。また、経験を積むごとに出てくる疑問や力不足を感じた時にも、周囲が親身になってサポートしてくれたので乗り切ることができました。
    ミヤモトエンジニアリングは、国内外の需要が飛躍的に高まっている産業ロボットに使用される歯車を製造し、世界各国から注目を集めています。その仕事に自らが関わっていること、微力ながら今後の企業発展や市場拡大に貢献できることに、大きなやりがいが感じられます。

次へ